ご挨拶
ホーム > 業務内容

労務管理業務

労働保険

労働保険・社会保険についての申請書・届出書の作成や、官公署等への諸手続を代行いたします。

・社員の採用退職時の書類の作成、離職票の作成
・健康保険の報酬月額算定基礎届
・労働保険の年度更新
・社会保険の各種給付申請
・労災事故の給付請求業務など


このような業務をアウトソーシングすることで、労働保険や社会保険についての諸手続に要する時間を削減し、業務を効率化することができます。

給与計算・勤怠管理の業務代行

毎月必ず行う作業の一つとして、給与計算や勤怠管理があります。

給与計算や勤怠処理を行うために大きな時間が必要になるのはもちろんですが、給与計算は労働保険や社会保険と連動していますので、常に最新の知識を入手する必要があります。また、年末調整など大きな手数を要する業務もあります。

さらに、給与計算の誤りが多発してしまいますと労使トラブルの原因になりますし、会社が知らずに損をしてしまう場合もあります。

このような手間やトラブルを削減するためにも、給与計算や勤怠管理をアウトソーシングすることは企業にとって有用な手段だといえます。

就業規則または他の規程の作成・改定

就業規則などの規程類は、トラブルから会社を守るためだけでなく、従業員が安心して働くことのできる環境を作るためにも必要なものです。

当事務所は、新しく就業規則等の作成をされる場合や、新しく規程を追加される場合に、御社の事情に合った適切な規程類の作成を行います。

また、近年は労働基準法などの法令の改正が多くなっています。規程は法令に合わせるようにこまめに改定する必要があります。当事務所は、最新の法令に合わせた規程類の改定作業も行っております。

人事・賃金制度コンサルティング

人事・賃金制度で従業員に適正な待遇を提示し、従業員の満足度を高めることができれば、従業員が活き活きと働きがいを持って働くことができます。

社員がやる気を出す人事考課制度、効率のよい賃金制度の確立は、会社の発展にとって非常に重要なことです。

当事務所では、企業の経営戦略や社風にあった人事制度や賃金制度を設計・導入するだけでなく、効果的に活用するためのアドバイスなど、幅広くコンサルティングを行います。

労使トラブルなどのアドバイス

労使トラブルが発生した時、御社はどのような対応を考えられていますか?

現在では、従業員の労働に関する法律意識の向上や雇用形態が変化していることで、従業員と会社の間での労使トラブルが増加しています。労使トラブルが起きないように就業規則を適切に作成、労使協定を結ぶなどの対策は必要ですが、もし起こってしまった時にトラブルを最小限に押さえることができるように労務に関する相談を的確にアドバイスできる相手を見つけておく必要もあります。

当事務所では、労使トラブルを未然に防ぐ方策や、労使トラブルが起こってしまったときの対処法などのアドバイスを行っています。